不妊相談でホルモンの分泌異常が発覚、ピルで治療開始

女性は月に一度生理があります。この生理は、女性ホルモンであるエストロゲン、プロゲステロンが関連して起こしているのです。また正常な生理が来ることで、妊娠可能な体ができるのです。ただし、女性ホルモンは、様々な要因により影響を受けやすいです。例えば仕事のストレスがあるとホルモンが乱れます。また食生活の乱れや生活サイクルの乱れもストレスになって影響を及ぼします。それらを整えたうえで、生理が正しく来るのが基本ですが、時には基礎的な疾患があるために女性ホルモンの分泌異常が起こり、そのために不妊傾向のある女性もいます。
自分が不妊かなと思ったら、不妊相談のために産婦人科を訪れることでしょう。不妊相談では、問診やこれまでの生理や妊娠歴など聞かれることが多いです。また詳しい検査をする段階になったり、不妊症治療を望む場合は、女性ホルモンの測定などを行い、更に詳しく検査が必要ならエコーなどの精密検査をすることになります。
その後不妊の原因にもよりますが、初期の治療としてホルモン分泌異常が原因で不妊が考えられる場合は、ピルを処方されることもあります。ピルは避妊の目的や生理を遅らせたり調節するために使われることもありますが、女性ホルモンバランスの分泌異常の正常化を目指すために使用することもあります。
ピルの働きから内服すると排卵はとまります。不妊相談の時に説明を受けることもありますが、不妊の原因として、卵巣や子宮がつかれていることも原因としてあるのです。そのためにピルを内服し、排卵をとめ一時的に卵巣などを休ませて元気になったところで、内服をやめる。そうすると良い排卵周期が訪れて不妊治療も効果があるということです。